月曜日だけど出かけないで済んでいいですね

0時を過ぎて寝たらやはり6時台に起きるのがつらい。6時台に起きたければどうしても23時台には寝ないとダメな状態が日常化してきた。ということはビジネスでもプライベートでも朝早く5時台とかそれ以前に出かけようとすれば、寝るのはそれよりも7時間くらい前に寝ないとダメな計算になる。今日は連休のために出かけないで大変助かります。さて夜前から発症していた手の甲の神経痛は今のところ消えていた。朝は大変涼しいので扇風機は稼働していない。ついでに半そで短パンだった衣装も長袖長パンになって肌の露出も減ってきた。今日の天気も曇りだ。さてその曇りが晴に近い曇りか雨に近い曇りか?今日から火野正平さんのこころ旅がはじまる。と書いていたら火野が一番目に変換候補に出てこないのでイラつく。この変換候補の順番をなんとか変えられるように設定できないものかね?とりあえず涼しいことだし今のうちに部屋の掃除でもしておこうかと考えている。そうしたら明日掃除しないで済むだろうから。MLB公式サイトのユーチューブのBest of Shohei Ohtani’s 25th week of 2018が見えない。見えないならリンクしないでくれ!!

100分de名著 ノートル=ダム・ド・パリその4

現代のストーカー愛は200年前にもあったのかな? ユゴーのオリジナルかな? どっちにしてもフロローのキモイ告白は見事です。 同じストーカーでも、カジモドみたいにエレガントにひっそりこっそりやるのは母性本能がきゅんとなるという、これもうまいなあ。 ただそのキュンは母性本能であっても男女の恋愛じゃないんだよね。 カジモドが不細工だからそうなるって先生は言ってたけどそう思う。 顔の美醜が生み出すのは肉欲的な愛情だってことかな? 
肉欲的愛情だけのフロローと精神的愛情だけのカジモドだけど、一緒に暮らしてて同じもの食べててもこうも両極端になるのは子供時代の環境のせいなのかな。

今回のメインイベントは、国家権力(エスメラルダの死刑判決)を最下層のカジモドが覆したのを民衆が大喝采するところと、その最下層のカジモドがエスメラルダのことを詩的表現で誉めているところかな。 カジモドは学校に入ってないけどフロローから学業を学んでいるからできたんだよね。 
でも、カジモド△で締めないところがこの小説のポイントかな? この話では草食系も肉食系もだめだってことになってるんだけど、そのどちらでもないのがグランゴワールですよ! 今回は名前しか出なかったけど次回最終回なのでどんな扱いになるかな? 楽しみです。

おしまい!