未成年者というのは行為として出来ないことがあります

未成年者というのは当たり前ではあるのですが、行為に制限がつけられることになります。年齢が21歳未満の人は未成年者と呼ばれるものになり、これらの者が契約を行うためには原則として法定代理人の同意が必要になり、法定代理人の同意を得ていないのに単独で契約行為が行われた場合に関しては、原則としてこれを本人法定代理人が取り消すことができるようになっています。こういうことがありますのでお金を貸すということなので関しては未成年者はできないわけではないのですがやってもらうことができないと言われることになるわけです。要するに消費者金融などは基本的に二十歳未満の者に対して貸すということをしないということです。貸したとしても契約が無効になってしまうので意味がなくなってしまうわけです。こうしたことがありますから、貸金業者というのは未成年者には貸す事が内のです。貸すこと自体は実は違法ではないです。ただあまりにもリスクが高いということになります。http://www.sandlerltd.co/kireimo-waki.html